逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

福井

「福井駅」から四条・烏丸駅まで乗車88

所在地

〒600-8008 京都府京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町8 京都三井ビル3階

アトム法律事務所東京支部 アトム法律事務所最寄り駅
アトム法律事務所東京支部

アクセス

公共交通機関をご利用の方

市営地下鉄烏丸線四条駅

四条駅北改札口を出て正面の階段を上がり、地下連絡通路21番出口から直通する京都三井ビルの3階(地階のエレベーターでお越しください)。

阪急京都線烏丸駅

烏丸駅西改札口を出てすぐ右折し、地下連絡通路21番出口から直通する京都三井ビルの3階(地階のエレベーターでお越しください)。

お車でお越しの方

カーナビで「京都三井ビル」または「京都三井ビルディング」と入力してお越しください。

近くのコインパーキングをご案内いたします。0120-631-276まで事前にご一報ください。

大阪・奈良方面から

第二京阪道路・阪神高速8号の京都線鴨川西出口を出て道なりに河原町通りを北上し、河原町通七条交差点で左折し直進する。七条通りを西に直進し、烏丸七条交差点で右折して烏丸通を北上し(約1.7km直進)、四条通の交差点の角、進行方向右手にあるギリシャ風の白いビル(1階が三井住友銀行)。

京都北西部方面から

国道9号線(山陰道・西五条通り・五条通り)を進み、桂川を越えて五条通(国道9号線と同じ)を東に直進し、阪急京都線・山陰本線・堀川通りを越えて烏丸五条の交差点に出たら左折する。烏丸通を北上し、四条通の交差点の角、進行方向右手にあるギリシャ風の白いビル(1階が三井住友銀行)。

福井県の弁護士を探す

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

窃盗事件のよくある相談

窃盗事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

窃盗事件の解決は時間が勝負です。なぜなら、示談で不起訴処分を獲得するにしても、検察官が略式罰金刑を選択してしまった後では遅すぎるからです。また、逮捕された後、勾留が決定されてしまえば、原則として10日間から20日間は留置場から出ることができません。

そのため、刑事事件を集中的に取り扱うアトム法律事務所では、24時間体制の電話受付を実施しています。また、事務所でのご相談も、ご予約制で365日体制で運用しています。それもすべて、刑事事件、特に窃盗事件の解決では時間が勝負になるからです。

無料相談をご希望の方は、アトムのLINEで弁護士に無料相談をご利用ください。いま自分が置かれている状況を正確に把握することで、今後取るべき正しい選択肢を見つけることができます。また、今すぐ弁護士に事件の解決を依頼したい方は、アトムのフリーダイヤル0120-631-276までお電話ください。弁護活動をご依頼いただいた場合は、相談料は無料になります。

窃盗事件においては、被害者との示談交渉が最も結論を左右する重要な活動になります。そして、被害者との話し合いはタイミングが命です。なぜなら、刑事手続きとの関係、特に不起訴処分獲得との関係では、示談は、検察官が終局処分の行方を決定するまでに成立させなければ意味がないからです。

窃盗事件でお困りのあなたからのお問合せをお待ちしています。お問合せさえいただければ、経験を積んだ弁護士が直接、あなたの事件解決をすぐにサポート致します。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

窃盗事件のよくある相談

窃盗事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

窃盗事件の解決は時間が勝負です。なぜなら、示談で不起訴処分を獲得するにしても、検察官が略式罰金刑を選択してしまった後では遅すぎるからです。また、逮捕された後、勾留が決定されてしまえば、原則として10日間から20日間は留置場から出ることができません。

そのため、刑事事件を集中的に取り扱うアトム法律事務所では、24時間体制の電話受付を実施しています。また、事務所でのご相談も、ご予約制で365日体制で運用しています。それもすべて、刑事事件、特に窃盗事件の解決では時間が勝負になるからです。

無料相談をご希望の方は、アトムのLINEで弁護士に無料相談をご利用ください。いま自分が置かれている状況を正確に把握することで、今後取るべき正しい選択肢を見つけることができます。また、今すぐ弁護士に事件の解決を依頼したい方は、アトムのフリーダイヤル0120-631-276までお電話ください。弁護活動をご依頼いただいた場合は、相談料は無料になります。

窃盗事件においては、被害者との示談交渉が最も結論を左右する重要な活動になります。そして、被害者との話し合いはタイミングが命です。なぜなら、刑事手続きとの関係、特に不起訴処分獲得との関係では、示談は、検察官が終局処分の行方を決定するまでに成立させなければ意味がないからです。

窃盗事件でお困りのあなたからのお問合せをお待ちしています。お問合せさえいただければ、経験を積んだ弁護士が直接、あなたの事件解決をすぐにサポート致します。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。