逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 自転車の窃盗で逮捕

自転車の窃盗で逮捕


1 自転車窃盗とは

自転車窃盗は、乗り物盗の一つで、窃盗事件の中でも最も認知件数の多い犯罪類型です。
平成22年の統計では、窃盗の認知件数全1,213,442件の内、乗り物盗が38.3%、自転車等は30.3%を占め、件数では21,967件と窃盗の手段では最多となっています。

自転車盗は、高校生などの少年によって行われることも多く、自転車盗で検挙された人員1,327人の内、少年が55.9%を占めていることも特徴です。
他方、検挙された自転車盗の事件で見ると、少年事件・成人事件共に単独での実行が多く、年齢別にみると60〜64歳の容疑者が増加しました。

自転車盗の認知・検挙件数推移

(データ出典:平成23年警察庁犯罪白書)

2 弁護士ができること

自転車盗の窃盗事件に関する法律相談を受けた弁護士は、まず、自転車盗の窃盗事件で逮捕された場合の刑事手続や当該事件のその後の見通しについて説明することができます。

そして、弁護の依頼を受けた場合は、自転車盗の窃盗事件の被疑者が早期に釈放されるようにするため、警察、検察、裁判所と交渉したり、被害者の方に被害品の弁償したり、示談をしたりすることができます。弁護士の活動の具体的な内容は本サイト「0-0 窃盗事件で逮捕なら」をご参照ください。

3 窃盗事件で逮捕、冤罪の相談ならアトム法律事務所

アトム法律事務所は、刑事専門、被疑者(加害者)側の刑事事件を専門に扱っている法律事務所です。そのため、冤罪であるとして争う否認のケース、謝罪や示談を行う被害者対応が弁護活動の中心となる自白のケース、どちらの事件も数多く扱っており、事件に合った解決案を提示することができます。

窃盗事件、窃盗冤罪事件で逮捕された方、そのご家族の方、ご友人の方の緊急のご相談に対応できるよう、24時間体制、携帯電話からも無料のフリーダイヤルを用意して、お電話をお待ちしております。お困りの方、ご不安な方は、まずアトム法律事務所までお電話を下さい。
窃盗事件で逮捕されている被疑者を早期に釈放するための重要なポイントは、早期に弁護士がついて、被害者の方への謝罪を済ませ、示談を行い、そのことを警察、検察、裁判官に知らせることです。

アトム法律事務所では、逮捕中の被疑者に対しては緊急に弁護活動を開始すべきであるという観点から、逮捕中の被疑者のご家族の方からの法律相談は無料で行っています。刑事弁護経験、窃盗事件受任経験の豊富な弁護士が1時間じっくりご家族の方のお話を聞くとともに、事件の見通し等について説明いたしますので、窃盗事件で逮捕されたご家族の方は、お電話で予約をとった上、すぐにアトム法律事務所までお越し下さい。

なお、電話は携帯電話からも無料でつながるフリーダイヤルとなっています。固定電話がない方や外出している方からのお電話も24時間体制でお待ちしております。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

窃盗事件のよくある相談

窃盗事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

窃盗事件の解決は時間が勝負です。なぜなら、示談で不起訴処分を獲得するにしても、検察官が略式罰金刑を選択してしまった後では遅すぎるからです。また、逮捕された後、勾留が決定されてしまえば、原則として10日間から20日間は留置場から出ることができません。

そのため、刑事事件を集中的に取り扱うアトム法律事務所では、24時間体制の電話受付を実施しています。また、事務所でのご相談も、ご予約制で365日体制で運用しています。それもすべて、刑事事件、特に窃盗事件の解決では時間が勝負になるからです。

無料相談をご希望の方は、アトムのLINEで弁護士に無料相談をご利用ください。いま自分が置かれている状況を正確に把握することで、今後取るべき正しい選択肢を見つけることができます。また、今すぐ弁護士に事件の解決を依頼したい方は、アトムのフリーダイヤル0120-631-276までお電話ください。弁護活動をご依頼いただいた場合は、相談料は無料になります。

窃盗事件においては、被害者との示談交渉が最も結論を左右する重要な活動になります。そして、被害者との話し合いはタイミングが命です。なぜなら、刑事手続きとの関係、特に不起訴処分獲得との関係では、示談は、検察官が終局処分の行方を決定するまでに成立させなければ意味がないからです。

窃盗事件でお困りのあなたからのお問合せをお待ちしています。お問合せさえいただければ、経験を積んだ弁護士が直接、あなたの事件解決をすぐにサポート致します。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

窃盗事件のよくある相談

窃盗事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

窃盗事件の解決は時間が勝負です。なぜなら、示談で不起訴処分を獲得するにしても、検察官が略式罰金刑を選択してしまった後では遅すぎるからです。また、逮捕された後、勾留が決定されてしまえば、原則として10日間から20日間は留置場から出ることができません。

そのため、刑事事件を集中的に取り扱うアトム法律事務所では、24時間体制の電話受付を実施しています。また、事務所でのご相談も、ご予約制で365日体制で運用しています。それもすべて、刑事事件、特に窃盗事件の解決では時間が勝負になるからです。

無料相談をご希望の方は、アトムのLINEで弁護士に無料相談をご利用ください。いま自分が置かれている状況を正確に把握することで、今後取るべき正しい選択肢を見つけることができます。また、今すぐ弁護士に事件の解決を依頼したい方は、アトムのフリーダイヤル0120-631-276までお電話ください。弁護活動をご依頼いただいた場合は、相談料は無料になります。

窃盗事件においては、被害者との示談交渉が最も結論を左右する重要な活動になります。そして、被害者との話し合いはタイミングが命です。なぜなら、刑事手続きとの関係、特に不起訴処分獲得との関係では、示談は、検察官が終局処分の行方を決定するまでに成立させなければ意味がないからです。

窃盗事件でお困りのあなたからのお問合せをお待ちしています。お問合せさえいただければ、経験を積んだ弁護士が直接、あなたの事件解決をすぐにサポート致します。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。