逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 窃盗団で逮捕なら

窃盗団で逮捕なら


1 窃盗団による窃盗事件

窃盗事件の中には、個人で行う窃盗ではなく、複数人が集団を組み、計画を立てて窃盗を行う窃盗団によるケースも見受けられます。

中でも、多数のメンバーが、リーダーの指揮統制のもと、下見や実際の窃盗行為、盗品の運搬、処分など各行為を分担して行うことを、いわゆる「組織窃盗」と言います。
組織窃盗事件の場合、来日外国人や暴力団員などを主要なメンバーとして、実行メンバーを入れ替えながら、連続して広範囲で侵入盗自動車盗を行い、他のメンバーが盗んだ預金通帳を用いて出金したり、盗んだ自動車の車台番号を改ざんして不正に輸出するなどのケースが多くみられます。

組織窃盗事件数推移

(データ出典:平成23年警察庁犯罪白書)

2 窃盗団による窃盗事件のニュース

窃盗団による窃盗事件は、被害場所が広範にわたり、窃盗の被害額も高額になる特徴があります。
それだけに、万が一窃盗団に巻き込まれることになると、捜査対応を含め、多大な負担を強いられることになりますが、大規模な組織の場合、自分が窃盗団の一員になっていると意識しないうちに、加担しているケースも考えられます。
以下では窃盗団(組織窃盗に限らない)による窃盗事件に介して、話題になったニュースをご紹介します。

報道時期 事件概要 その他の事情
2012年8月 神奈川県で、男性ら3人が空き巣126件、被害総額は約3752万円相当の窃盗を行った容疑で逮捕された事件。 不明
2012年3月 首都圏の1都3県で中国籍の男女7人が、駅周辺の住宅を中心に171件の空き巣を行い、現金2500万円、貴金属など時価計9300万円を盗んだ容疑で逮捕された事件。 不明
2012年3月 神奈川県在住の3兄弟が、実行犯と見張り役をじゃんけんで決めるなどしながら空き巣等79件、被害総額4800万円の窃盗を行った容疑で逮捕された事件。 不明
2011年5月 東京都及び神奈川県で、中国籍の男性ら3人が空き巣80件、被害総額約1631万円の窃盗を行った容疑で逮捕された事件。 不明
2011年2月 首都圏を中心にグループで自動車盗や出店荒らしをしていた男女16人が、窃盗容疑で逮捕された事件。1都8県の被害は裏付けられただけで半年で406件、被害総額は約1億4700万円。 不明
2011年2月 首都圏を中心に1都4県で、資材置き場から同線を盗む等、被害総額約2000万円の金属盗を繰り返したという窃盗容疑で、無職の男性ら5人が逮捕された事件。 不明
2009年10月 神奈川県の少年グループに所属する少年少女7人が、バイク等20台、総額約60万円のバイクを盗んだ容疑で逮捕された事件。 不明
2007年6月 東京・銀座の宝石店で、国際窃盗団ピンクパンサーによって約2億8400万円相当のティアラとネックレスが強奪された事件。 警視庁はICPOを通じ主犯のモンテネグロ人ら2人を国際手配。他国で逮捕され、別の強盗事件容疑で他国に移送後、されていた

3 窃盗事件で逮捕、冤罪の相談ならアトム法律事務所

アトム法律事務所は、刑事専門、被疑者(加害者)側の刑事事件を専門に扱っている法律事務所です。そのため、冤罪であるとして争う否認のケース、謝罪や示談を行う被害者対応が弁護活動の中心となる自白のケース、どちらの事件も数多く扱っており、事件に合った解決案を提示することができます。

窃盗事件、窃盗冤罪事件で逮捕された方、そのご家族の方、ご友人の方の緊急のご相談に対応できるよう、24時間体制、携帯電話からも無料のフリーダイヤルを用意して、お電話をお待ちしております。お困りの方、ご不安な方は、まずアトム法律事務所までお電話を下さい。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

窃盗事件のよくある相談

窃盗事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

窃盗事件の解決は時間が勝負です。なぜなら、示談で不起訴処分を獲得するにしても、検察官が略式罰金刑を選択してしまった後では遅すぎるからです。また、逮捕された後、勾留が決定されてしまえば、原則として10日間から20日間は留置場から出ることができません。

そのため、刑事事件を集中的に取り扱うアトム法律事務所では、24時間体制の電話受付を実施しています。また、事務所でのご相談も、ご予約制で365日体制で運用しています。それもすべて、刑事事件、特に窃盗事件の解決では時間が勝負になるからです。

無料相談をご希望の方は、アトムのLINEで弁護士に無料相談をご利用ください。いま自分が置かれている状況を正確に把握することで、今後取るべき正しい選択肢を見つけることができます。また、今すぐ弁護士に事件の解決を依頼したい方は、アトムのフリーダイヤル0120-631-276までお電話ください。弁護活動をご依頼いただいた場合は、相談料は無料になります。

窃盗事件においては、被害者との示談交渉が最も結論を左右する重要な活動になります。そして、被害者との話し合いはタイミングが命です。なぜなら、刑事手続きとの関係、特に不起訴処分獲得との関係では、示談は、検察官が終局処分の行方を決定するまでに成立させなければ意味がないからです。

窃盗事件でお困りのあなたからのお問合せをお待ちしています。お問合せさえいただければ、経験を積んだ弁護士が直接、あなたの事件解決をすぐにサポート致します。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

窃盗事件のよくある相談

窃盗事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

窃盗事件の解決は時間が勝負です。なぜなら、示談で不起訴処分を獲得するにしても、検察官が略式罰金刑を選択してしまった後では遅すぎるからです。また、逮捕された後、勾留が決定されてしまえば、原則として10日間から20日間は留置場から出ることができません。

そのため、刑事事件を集中的に取り扱うアトム法律事務所では、24時間体制の電話受付を実施しています。また、事務所でのご相談も、ご予約制で365日体制で運用しています。それもすべて、刑事事件、特に窃盗事件の解決では時間が勝負になるからです。

無料相談をご希望の方は、アトムのLINEで弁護士に無料相談をご利用ください。いま自分が置かれている状況を正確に把握することで、今後取るべき正しい選択肢を見つけることができます。また、今すぐ弁護士に事件の解決を依頼したい方は、アトムのフリーダイヤル0120-631-276までお電話ください。弁護活動をご依頼いただいた場合は、相談料は無料になります。

窃盗事件においては、被害者との示談交渉が最も結論を左右する重要な活動になります。そして、被害者との話し合いはタイミングが命です。なぜなら、刑事手続きとの関係、特に不起訴処分獲得との関係では、示談は、検察官が終局処分の行方を決定するまでに成立させなければ意味がないからです。

窃盗事件でお困りのあなたからのお問合せをお待ちしています。お問合せさえいただければ、経験を積んだ弁護士が直接、あなたの事件解決をすぐにサポート致します。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。