逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • アトム弁護士事務所の特徴は?

アトム弁護士事務所の特徴は?

岡野武志(弁護士、アトム法律事務所弁護士法人代表社員)


アトム弁護士事務所の特徴

  • 特徴1 刑事事件と示談に強い弁護士であること

アトム法律事務所は、平成20年に刑事事件だけを取り扱う日本有数の法律事務所として開設されました。

現在は多様な法的ニーズに対応するため一部民事事件の取り扱いも開始しておりますが、蓄積された経験とノウハウをもとに、刑事事件を中心とした業務を継続しています。

アトム法律事務所は、刑事事件に特化した法律事務所としては日本有数の支部数を誇っており、今後も全国に散在する法的ニーズに対応するために支部数を拡充していく予定です。

これまで多数の刑事事件を取り扱う中で、刑事事件の被害者との示談交渉の実績は極めて豊富です。

被害者との示談交渉は、事件の類型や被害者の属性によって対応は様々であり、経験と実績に裏付けされた綿密な対応が必要となります。

刑事事件と示談に強いアトム法律事務所であれば、刑事事件で不安を抱える相談者の方のニーズに十分お応えすることができると自負しております。

  • 特徴2 窃盗事件の弁護の実績と経験が豊富であること

一口に窃盗事件といっても、その種類は様々です。自転車窃盗、車上荒らし、侵入盗、万引き、下着泥棒などそれぞれの事件に応じた特質があります。

アトム法律事務所は、豊富な事件対応実績からどの種類の窃盗事件にも的確かつ柔軟な対応が可能です。

窃盗事件では示談の成否がその後の刑事処分の行く末に大きく影響します。弁護士がこれまで窃盗事件を処理していく中で得た示談交渉の経験とノウハウは、示談の成功率を左右するものです。

窃盗事件に関する刑事処分の内容が、その後の日常生活や仕事に与える影響は多大なものになります。

どの弁護士に依頼しても変わらないと軽く考えるのではなく、まずは窃盗事件の実績が豊富なアトム法律事務所にご相談ください。

  • 特徴3 24時間365日スタッフの直接対応を受けられること

アトム法律事務所は、窃盗事件の法的ニーズに応えるため、24時間365日体制でフリーダイヤルのスタッフによる直接対応を実施しています。

営業時間外でも留守番電話になることなく、土日祝日でも深夜でも電話受付スタッフがすぐに電話対応することができます。

窃盗事件は、現行犯逮捕や後日の逮捕につながるケースが多く、緊急性が高い事件類型です。悩んでいる時間を無駄にするのではなく、すぐにフリーダイヤルにお電話ください。

また、遠方の方やすぐに事務所にご来所いただけない方向けに、24時間体制のLINE無料法律相談も実施していますので、ぜひご利用ください。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

窃盗事件のよくある相談

窃盗事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

窃盗事件の解決は時間が勝負です。なぜなら、示談で不起訴処分を獲得するにしても、検察官が略式罰金刑を選択してしまった後では遅すぎるからです。また、逮捕された後、勾留が決定されてしまえば、原則として10日間から20日間は留置場から出ることができません。

そのため、刑事事件を集中的に取り扱うアトム法律事務所では、24時間体制の電話受付を実施しています。また、事務所でのご相談も、ご予約制で365日体制で運用しています。それもすべて、刑事事件、特に窃盗事件の解決では時間が勝負になるからです。

無料相談をご希望の方は、アトムのLINEで弁護士に無料相談をご利用ください。いま自分が置かれている状況を正確に把握することで、今後取るべき正しい選択肢を見つけることができます。また、今すぐ弁護士に事件の解決を依頼したい方は、アトムのフリーダイヤル0120-631-276までお電話ください。弁護活動をご依頼いただいた場合は、相談料は無料になります。

窃盗事件においては、被害者との示談交渉が最も結論を左右する重要な活動になります。そして、被害者との話し合いはタイミングが命です。なぜなら、刑事手続きとの関係、特に不起訴処分獲得との関係では、示談は、検察官が終局処分の行方を決定するまでに成立させなければ意味がないからです。

窃盗事件でお困りのあなたからのお問合せをお待ちしています。お問合せさえいただければ、経験を積んだ弁護士が直接、あなたの事件解決をすぐにサポート致します。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

窃盗事件のよくある相談

窃盗事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

窃盗事件の解決は時間が勝負です。なぜなら、示談で不起訴処分を獲得するにしても、検察官が略式罰金刑を選択してしまった後では遅すぎるからです。また、逮捕された後、勾留が決定されてしまえば、原則として10日間から20日間は留置場から出ることができません。

そのため、刑事事件を集中的に取り扱うアトム法律事務所では、24時間体制の電話受付を実施しています。また、事務所でのご相談も、ご予約制で365日体制で運用しています。それもすべて、刑事事件、特に窃盗事件の解決では時間が勝負になるからです。

無料相談をご希望の方は、アトムのLINEで弁護士に無料相談をご利用ください。いま自分が置かれている状況を正確に把握することで、今後取るべき正しい選択肢を見つけることができます。また、今すぐ弁護士に事件の解決を依頼したい方は、アトムのフリーダイヤル0120-631-276までお電話ください。弁護活動をご依頼いただいた場合は、相談料は無料になります。

窃盗事件においては、被害者との示談交渉が最も結論を左右する重要な活動になります。そして、被害者との話し合いはタイミングが命です。なぜなら、刑事手続きとの関係、特に不起訴処分獲得との関係では、示談は、検察官が終局処分の行方を決定するまでに成立させなければ意味がないからです。

窃盗事件でお困りのあなたからのお問合せをお待ちしています。お問合せさえいただければ、経験を積んだ弁護士が直接、あなたの事件解決をすぐにサポート致します。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。