逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

太田宏美

太田宏美
太田宏美(おおたひろみ)

相談しやすい弁護士でありたい。
最善の結果を出すため、
決して諦めずに取り組みます。

所属事務所 アトム法律事務所新宿支部
所属弁護士会 第二東京弁護士会
登録番号 36742
出身 愛知県
学歴 日本女子大学文学部卒業
法政大学法科大学院修了
趣味 猫と遊ぶこと、ジャズのライブ
座右の銘 謙虚に貪欲に
太田宏美

自己紹介

愛知県出身です。親しみやすく相談しやすい弁護士でありたいと思っています。最善の結果を出すため諦めずに取り組むことを心がけています。アトムには女性弁護士が私しかいませんが、どのような分野の事件であっても臆せず取り組んでいます。また、仕事では使いませんが、憲法が好きです。 捨て猫・野良猫だった猫数匹と暮らしています。いたずら・気まま・食いしん坊な猫たちですが、可愛いです。猫の写真を撮るのも楽しみの一つです。

太田宏美

刑事事件弁護への想い

時間制限がある状況での弁護活動、被害者の方との示談交渉等、大変なことも多いですが、よい結果がでて喜んで頂けると大変嬉しく感じます。 逮捕時の報道のあり方に疑問を感じています。実名や会社名を出す報道は、被疑者のみならず家族の生活をも脅かすからです。 また、示談交渉等で被害者の方とお話する際には、被害にあわれた方のお気持ちを受け止めることを心がけています。そのような姿勢は、弁護人として必要不可欠と考えています。

弁護士紹介

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

窃盗事件のよくある相談

窃盗事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

窃盗事件の解決は時間が勝負です。なぜなら、示談で不起訴処分を獲得するにしても、検察官が略式罰金刑を選択してしまった後では遅すぎるからです。また、逮捕された後、勾留が決定されてしまえば、原則として10日間から20日間は留置場から出ることができません。

そのため、刑事事件を集中的に取り扱うアトム法律事務所では、24時間体制の電話受付を実施しています。また、事務所でのご相談も、ご予約制で365日体制で運用しています。それもすべて、刑事事件、特に窃盗事件の解決では時間が勝負になるからです。

無料相談をご希望の方は、アトムのLINEで弁護士に無料相談をご利用ください。いま自分が置かれている状況を正確に把握することで、今後取るべき正しい選択肢を見つけることができます。また、今すぐ弁護士に事件の解決を依頼したい方は、アトムのフリーダイヤル0120-631-276までお電話ください。弁護活動をご依頼いただいた場合は、相談料は無料になります。

窃盗事件においては、被害者との示談交渉が最も結論を左右する重要な活動になります。そして、被害者との話し合いはタイミングが命です。なぜなら、刑事手続きとの関係、特に不起訴処分獲得との関係では、示談は、検察官が終局処分の行方を決定するまでに成立させなければ意味がないからです。

窃盗事件でお困りのあなたからのお問合せをお待ちしています。お問合せさえいただければ、経験を積んだ弁護士が直接、あなたの事件解決をすぐにサポート致します。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

窃盗事件のよくある相談

窃盗事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

窃盗事件の解決は時間が勝負です。なぜなら、示談で不起訴処分を獲得するにしても、検察官が略式罰金刑を選択してしまった後では遅すぎるからです。また、逮捕された後、勾留が決定されてしまえば、原則として10日間から20日間は留置場から出ることができません。

そのため、刑事事件を集中的に取り扱うアトム法律事務所では、24時間体制の電話受付を実施しています。また、事務所でのご相談も、ご予約制で365日体制で運用しています。それもすべて、刑事事件、特に窃盗事件の解決では時間が勝負になるからです。

無料相談をご希望の方は、アトムのLINEで弁護士に無料相談をご利用ください。いま自分が置かれている状況を正確に把握することで、今後取るべき正しい選択肢を見つけることができます。また、今すぐ弁護士に事件の解決を依頼したい方は、アトムのフリーダイヤル0120-631-276までお電話ください。弁護活動をご依頼いただいた場合は、相談料は無料になります。

窃盗事件においては、被害者との示談交渉が最も結論を左右する重要な活動になります。そして、被害者との話し合いはタイミングが命です。なぜなら、刑事手続きとの関係、特に不起訴処分獲得との関係では、示談は、検察官が終局処分の行方を決定するまでに成立させなければ意味がないからです。

窃盗事件でお困りのあなたからのお問合せをお待ちしています。お問合せさえいただければ、経験を積んだ弁護士が直接、あなたの事件解決をすぐにサポート致します。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。