逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

貞祐有一

貞祐有一
貞祐有一(さだゆういち)

熱意と根性は誰にも負けません。
ご依頼者様のために、最後まで諦めず
全力で弁護活動に取り組みます。

所属事務所 アトム法律事務所大阪支部
所属弁護士会 大阪弁護士会
登録番号 56925
出身 大阪府
学歴 神戸学院大学法学部
同志社大学法科大学院
趣味 草野球、ボクシング、スポーツ全般の観戦
座右の銘 一所懸命
貞祐有一

自己紹介

はじめまして。貞祐有一と申します。
私は、中学・高校時代は野球、大学時代はアマチュアのボクシングに取組み、今も休日は草野球で汗を流しています。
とはいえ、野球経験の無い同期にレギュラーをとられたり、バトミントンでスマッシュを打つ際に自分で自分の鼓膜を破ってしまうなど、運動神経はいい方ではありません。
しかし、それでも好きなスポーツに取組んできた根性と熱意は誰にも負けません。
弁護活動でも、この熱意を生かし、最後まで諦めずにご依頼者様のために取組んで参ります。

貞祐有一

刑事事件弁護への想い

私は、高校生の時に父親を亡くしました。その時、もし私が間違った道に進んでしまっていたらと考えると、被疑者・被告人の方と全く無関係であるとは思えません。
もう少し、環境が違っていれば、条件がもう少し違っていれば、被疑者・被告人の方には違った人生があったのではないかと考えてしまいます。
このような思いから私は、被疑者・被告人の方の心の芯に寄り添った、弁護活動を行えるような弁護士になれるよう日々、研鑽に励みたいと思います。

弁護士紹介

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

窃盗事件のよくある相談

窃盗事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

窃盗事件の解決は時間が勝負です。なぜなら、示談で不起訴処分を獲得するにしても、検察官が略式罰金刑を選択してしまった後では遅すぎるからです。また、逮捕された後、勾留が決定されてしまえば、原則として10日間から20日間は留置場から出ることができません。

そのため、刑事事件を集中的に取り扱うアトム法律事務所では、24時間体制の電話受付を実施しています。また、事務所でのご相談も、ご予約制で365日体制で運用しています。それもすべて、刑事事件、特に窃盗事件の解決では時間が勝負になるからです。

無料相談をご希望の方は、アトムのLINEで弁護士に無料相談をご利用ください。いま自分が置かれている状況を正確に把握することで、今後取るべき正しい選択肢を見つけることができます。また、今すぐ弁護士に事件の解決を依頼したい方は、アトムのフリーダイヤル0120-631-276までお電話ください。弁護活動をご依頼いただいた場合は、相談料は無料になります。

窃盗事件においては、被害者との示談交渉が最も結論を左右する重要な活動になります。そして、被害者との話し合いはタイミングが命です。なぜなら、刑事手続きとの関係、特に不起訴処分獲得との関係では、示談は、検察官が終局処分の行方を決定するまでに成立させなければ意味がないからです。

窃盗事件でお困りのあなたからのお問合せをお待ちしています。お問合せさえいただければ、経験を積んだ弁護士が直接、あなたの事件解決をすぐにサポート致します。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

窃盗事件のよくある相談

窃盗事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

窃盗事件の解決は時間が勝負です。なぜなら、示談で不起訴処分を獲得するにしても、検察官が略式罰金刑を選択してしまった後では遅すぎるからです。また、逮捕された後、勾留が決定されてしまえば、原則として10日間から20日間は留置場から出ることができません。

そのため、刑事事件を集中的に取り扱うアトム法律事務所では、24時間体制の電話受付を実施しています。また、事務所でのご相談も、ご予約制で365日体制で運用しています。それもすべて、刑事事件、特に窃盗事件の解決では時間が勝負になるからです。

無料相談をご希望の方は、アトムのLINEで弁護士に無料相談をご利用ください。いま自分が置かれている状況を正確に把握することで、今後取るべき正しい選択肢を見つけることができます。また、今すぐ弁護士に事件の解決を依頼したい方は、アトムのフリーダイヤル0120-631-276までお電話ください。弁護活動をご依頼いただいた場合は、相談料は無料になります。

窃盗事件においては、被害者との示談交渉が最も結論を左右する重要な活動になります。そして、被害者との話し合いはタイミングが命です。なぜなら、刑事手続きとの関係、特に不起訴処分獲得との関係では、示談は、検察官が終局処分の行方を決定するまでに成立させなければ意味がないからです。

窃盗事件でお困りのあなたからのお問合せをお待ちしています。お問合せさえいただければ、経験を積んだ弁護士が直接、あなたの事件解決をすぐにサポート致します。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2012 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)