交通事故・刑事事件に加えて自己破産・個人再生の対応を本格化しています。

逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

山下真

山下真
山下真(やましたまこと)

日々変革していく社会の動きを察知して弁護士としての役割を常に考え最善の解決の提案ができるよう尽くします

所属事務所 アトム法律事務所名古屋支部
所属弁護士会 愛知県弁護士会
登録番号 44331
出身 大阪府
学歴 京都大学法学部
名古屋大学法科大学院
趣味 剣道・ジョギング
座右の銘 急がば回れ
山下真

自己紹介

小学生のころに自宅にあった六法に親しみを覚え、弁護士になって人の助けになることを目標に司法試験を志しました。
2011年12月に弁護士登録し、交通事故の示談交渉や民事裁判、刑事事件などの業務を行ってきました。2020年より名古屋支部の支部長に就任したことで、大学院のとき以来約10年ぶりに名古屋に戻ってまいりました。
社会制度と科学技術の進展により弁護士に求められる役割は日々変わっていくと思いますが、その時代に即した最適なサービスを提供できるよう努めてまいります。

山下真

刑事事件弁護への想い

刑事弁護は、ご依頼者様が犯罪を認めているか否認しているかにかかわらず短期間にどのような行動をとるのかが決め手になります。示談交渉や被害弁償が難航することも珍しくないですが、いかに途中であきらめずに色々な工夫をして取り組んでいくかが、刑事弁護における腕の見せ所となります。意欲と熱意を持ち続け、様々な角度から創意工夫をこらすことが私たちの強みです。

弁護士紹介

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

窃盗事件のよくある相談

窃盗事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

窃盗事件の解決は時間が勝負です。なぜなら、示談で不起訴処分を獲得するにしても、検察官が略式罰金刑を選択してしまった後では遅すぎるからです。また、逮捕された後、勾留が決定されてしまえば、原則として10日間から20日間は留置場から出ることができません。

そのため、刑事事件を集中的に取り扱うアトム法律事務所では、24時間体制の電話受付を実施しています。また、事務所でのご相談も、ご予約制で365日体制で運用しています。それもすべて、刑事事件、特に窃盗事件の解決では時間が勝負になるからです。

無料相談をご希望の方は、アトムのLINEで弁護士に無料相談をご利用ください。いま自分が置かれている状況を正確に把握することで、今後取るべき正しい選択肢を見つけることができます。また、今すぐ弁護士に事件の解決を依頼したい方は、アトムのフリーダイヤル0120-631-276までお電話ください。弁護活動をご依頼いただいた場合は、相談料は無料になります。

窃盗事件においては、被害者との示談交渉が最も結論を左右する重要な活動になります。そして、被害者との話し合いはタイミングが命です。なぜなら、刑事手続きとの関係、特に不起訴処分獲得との関係では、示談は、検察官が終局処分の行方を決定するまでに成立させなければ意味がないからです。

窃盗事件でお困りのあなたからのお問合せをお待ちしています。お問合せさえいただければ、経験を積んだ弁護士が直接、あなたの事件解決をすぐにサポート致します。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

無料相談と事件解決の手引き

窃盗事件のよくある相談

窃盗事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

窃盗事件の解決は時間が勝負です。なぜなら、示談で不起訴処分を獲得するにしても、検察官が略式罰金刑を選択してしまった後では遅すぎるからです。また、逮捕された後、勾留が決定されてしまえば、原則として10日間から20日間は留置場から出ることができません。

そのため、刑事事件を集中的に取り扱うアトム法律事務所では、24時間体制の電話受付を実施しています。また、事務所でのご相談も、ご予約制で365日体制で運用しています。それもすべて、刑事事件、特に窃盗事件の解決では時間が勝負になるからです。

無料相談をご希望の方は、アトムのLINEで弁護士に無料相談をご利用ください。いま自分が置かれている状況を正確に把握することで、今後取るべき正しい選択肢を見つけることができます。また、今すぐ弁護士に事件の解決を依頼したい方は、アトムのフリーダイヤル0120-631-276までお電話ください。弁護活動をご依頼いただいた場合は、相談料は無料になります。

窃盗事件においては、被害者との示談交渉が最も結論を左右する重要な活動になります。そして、被害者との話し合いはタイミングが命です。なぜなら、刑事手続きとの関係、特に不起訴処分獲得との関係では、示談は、検察官が終局処分の行方を決定するまでに成立させなければ意味がないからです。

窃盗事件でお困りのあなたからのお問合せをお待ちしています。お問合せさえいただければ、経験を積んだ弁護士が直接、あなたの事件解決をすぐにサポート致します。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2012 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人 代表 岡野武志(第二東京弁護士会)